更年期は男性ホルモンの影響で髪の毛が薄くなる女性がいる

更年期に入ると髪の毛が薄くなりやすい

更年期に起こる症状の一つとして髪の毛が薄くなりやすいというものがあります。更年期になると女性ホルモンが減少しますが、それにつれて男性ホルモンの割合が増加します。男性ホルモンによって髪の毛がやせて細くなりやすいです。

髪の毛が薄くなりますと、本数が少なくなりますので、頭皮が目立っていきます。更年期が終了すれば症状が収まるものもありますが、髪の毛についてはそういうわけにはいきませんので、それなりのケアが必要になってきます。

更年期に入っても外見を気にしたい

女性にしてみたら年齢を問わず見た目を気にしています。髪の毛が薄いと年齢よりも老けて見られますし、そういう風に見られると精神的にも沈んでしまいいい状態ではないでしょう。更年期に入った女性は髪の毛の曲がり角に来ています。更年期だからということで髪の毛の状態を見て見ぬふりをするのはあまり感心する態度ではありません。

正しいヘアケアを心がける

更年期に入ったとしても髪の毛のダメージを最小限にするためには正しいヘアケアを心がけます。ヘアケアで注目すべきなのはシャンプーです。シャンプーを使うのであれば、植物性の保湿成分が入っているものを選ぶようにすると髪の毛にもやさしいです。あとは、2日に1回でもいいので髪の毛を洗う回数についても減らしていったほうがいいです。

ウイッグを利用する

今の髪の毛で人前に歩くのが嫌と言うのであれば、ウイッグをつけるのも一つの方法です。ウイッグは今や帽子を選ぶのと同様におしゃれを楽しむことができるアイテムです。

© 2017 更年期イライラ解消隊