若い女性が更年期と同じような症状が起こる若年性更年期

若年性更年期障害とは何か?

更年期の女性が何らかの不調を感じるのは卵子機能の低下から女性ホルモンが減少するからです。20代や30代であれば卵子機能に問題が無いにもかかわらず、生理不順を起こしたり月経が無くなるといった女性ホルモンが減少することによって更年期障害に似た症状が表れます。このように20代や30代でも更年期障害に似た症状が起きることを若年性更年期障害と言います。

若年性更年期障害の原因は

若年性更年期障害の原因はさまざまありますが、ストレスや無理なダイエット、急激な体重増加、生活習慣の乱れによって引き起こされることがあります。人間関係で悩む人は多くおり、職場や学校など人が多く集まるところではどうしてもストレスを抱えてしまいます。ストレスをずっと抱えたままであれば人によっては若年性更年期障害が起きたりします。

自律神経失調症や月経前症候群と混同しやすい

若い女性に起こる更年期のような症状が全て若年性更年期障害であるとは限りません。実際に閉経を迎えてしまったという場合は早発閉経と言って更年期障害と同じような症状が出ることがありますが、ほとんどの場合は自律神経失調層や月経前症候群と診断されることがあります。前者は自律神経の乱れにより起こる症状で症状で、後者は月経前のホルモンバランスの乱れにより起こる症状です。

無月経の状態が続くのであれば早発閉経なのか、ホルモンバランスの乱れが原因なのかを確かめるために早めに婦人科にかかるようにしましょう。ホルモンバランスの乱れであれば生活習慣の改善によって症状が改善することがあります。

© 2017 更年期イライラ解消隊